色々な種類がある|美容界において、高い注目を集めるフォトフェイシャルは口コミが重要

色々な種類がある

笑みを浮かべる女性

フォトフェイシャルによる整形でも、いくつかの種類があります。
それはフォトフェイシャルで使われる光の特性がいくつかあるということです。
整形でも確実な効果を生み出すことが大事ですが、フォトフェイシャルで使われる光の波長パターンによる効果を理解しておくと、クリニックが何故、波長を切り替えながら整形していくのかが、分かっていきます。
光の特性として、波長が長い光は皮膚の奥まで浸透していきます。
これと比べて短い波長の光は皮膚表面に留まります。
これは、多くの光の種類の違いによって、効能が変わってくることを意味しています。
整形している段階で、マシンのヘッドを切り替えて使うことがあります。
これが波長を変えていることなのです。
具体的には波長の長い光を皮膚に当てると、奥まで届き、皮膚内の水分が温められてきます。
そのことにより、皮膚下のヒアルロン酸やコラーゲンの生成が活発になってきます。
そうすることで、シワやたるみが少なくなってきます。
これに対して、短い波長の光は皮膚表面近くに留まります。
しかし、黒いメラニン色素に反応することから、シミの改善につながってくるのです。
このようにフォトフェイシャルは、シミやそばかすの改善だけでなく、シワのたるみ、黒ずみの原因である毛穴の開きも良くしていくのです。
メスを入れる整形と比較して、自然な形では美容効果が期待できることから、クリニックだけでなく、エステサロンでも増えているのです。